代表よりご挨拶

開世通商株式会社は、
不動産事業と観光事業を柱とする企業です。

 不動産事業では、各種不動産を取得し、賃貸運用をしております。保有する不動産の運用面では、グループ会社のカイセイ・プロパティーズ(株)を通じて、効率の良い運営を行いながら、お客様には快適な環境をご提供できるよう積極的に取り組んでおります。また、不動産の開発や土地の有効活用を行い、新しい不動産価値の創造に常にチャレンジし続けたいと考えております。

観光事業では、弊社設立の発起となる「城島高原パーク」内に、テナント経営として長年営業を続けております。
2004年に「稲積水中鍾乳洞」を取得し、県を代表するような観光施設にしたいという思いから再開発を行い、現在では県内外からたくさんのご来場を いただいております。2019年には国内初の水中鍾乳洞ダイビング、2021年にはテントサウナなど、ここでしか出来ない体験を企画しております。
日本最長であるこの貴重な自然財産を今後も守り続け、全国に認知されることで、市や県の発展に寄与していきたいと思っております。
 2017年に弊社文化事業の一環として別府市に新たな美術館「別府アート ミュージアム」を開館しました。本施設がアートに関わる多くの人々の交流の場として活用され、また別府市の新たな観光施設としてご利用いただければと思います。
 2021年に「別府タワー」を取得しました。長年別府市のシンボルとして地元の皆様に愛されてきたタワーを今後も歴史を引き継ぎ、県のランドマークとしてより一層発展させていきたいと思っております。
 
 その他の事業では、弊社への信任を得て、郵便局銀行代理業の委託を受け、「久部簡易郵便局」を開設し、皆様にご利用いただいております。
2020年にはエネルギー事業に参画し、出力規模が約1,990kW(約1.9MW)の「開世・九重メガソーラーパーク」が運転開始しました。
自然エネルギーの普及・促進と地域の電力供給の一助として貢献できることを目指してまいります。

 今後も新規事業の開拓を常に考え、企業として前進し続け、企業としての社会的責任を着実に果たしながら、社会とお客様に信頼され、選ばれ続ける 会社として、全社を挙げて努力する所存です。
 最後となりますが、弊社へのご厚情をお願い申し上げますと共に、皆さまの益々のご発展をお祈り申し上げます。

開世通商株式会社 代表取締役副社長兼光 郷道

社是

住環境を提供し、ゆとりある生活をクリエイトする

地域活性化とレクリエーションの場を提供する

経営理念

顧客第一主義